相続財産再鑑定協会

法定相続分とは|遺産を配偶者・子供・孫・兄弟姉妹等と分割する割合

相続税還付コラム
相続財産再鑑定協会TOP>法定相続分
  • 協会について
  • 法定相続分

    今回は、財産や債務を引き継ぐ時の割合(法定相続分)について説明します。

    子と配偶者が相続人である場合

    子の相続分も配偶者の相続分もともに2分の1となります。子が数人いるときは、それぞれの子の相続分は均等です。
    ※嫡出子と非嫡出子がいる時は最高裁決定により下記のとおりとなります。
    平成25年9月4日以前の申告又は処分については非嫡出子の相続分は嫡出子の2分の1となります。
    平成25年9月5日以降の申告又は処分については非嫡出子と嫡出子の相続分は同等となります。

    配偶者と直系尊属が相続人である場合

    配偶者の相続分は3分の2となり、直系尊属の相続分は3分の1となります。
    直系尊属が数人いるときは、それぞれの直系尊属の相続分は3分の1を均等したものとなります。
    直系尊属には実父母、養父母の区別はありません。

    配偶者と兄弟姉妹が相続人である場合

    配偶者の相続分は4分の3となり、兄弟姉妹の相続分は4分の1となります。
    兄弟姉妹が数人いるときは、それぞれの兄弟姉妹の相続分は4分の1を均等したものとなります。
    ただし、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹(半血兄弟姉妹)の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹(全血兄弟姉妹)の相続分の2分の1となります。この父母には、実父母のほか養父母を含みます。